« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

お勧め癒しサイト1

ども、忍者です。

癒されて海外旅行がしたくなるサイト

http://www.panoramio.com/map/

あ~癒される。

ども、忍者でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大学時代の恩師

ども、忍者です。

先週、大学時代の恩師をふらっと訪ねました。

私には、恩師と呼べる方が何人かいるのですが、

そのなかでも一番厳しい方です。

学部の中でも、みながあの先生は厳しいという方でした。

大学時代は、ほんとうに精神的に鍛えてもらったと思っています。

何のアポイントもとらず、ふらっと訪れたのですが、

「おうっ、久しぶりだね、どうしたの?」

という感じで、お忙しいのに時間をとっていただき

いろいろはお話を聞かせていただきました。

恩師はとてもとても優しかったです。

またお伺いしようと思いました。

では、忍者でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

参加自由社員旅行

ども、忍者です。


土日は、初の大人数での自由参加社員旅行に行って来ました。

自然の中での二日間、とても楽しかったです。

誕生日も祝っていただき幸せ者でした。

写真、少しずつアップします。

Y口さん旅行企画ありがとう!

Y口さんのアイデア満載の旅行、楽しかったです。

では、忍者でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バックグラウンドのグローバル化

ども、忍者です。

スリーハンドレットの予告を見て、ふと思い出したことが。

アレクサンダーという映画を見た時です。

古代ギリシヤ、ローマ時代の人が何かを判断するとき

何をもとに判断するのか・・・

映画では、それは、ギリシヤ神話でした。

アレクサンダー大王は、幼少の時、アリストテレスから学問を学んでいました。

その時に、いろんなシーンでギリシヤ神話が出て来ます。

アレクサンダー大王が、父フィリッポス2世と話をするときにもギリシヤ神話が出てきます。

大きくなって、世界各地を遠征する時にも、何かを決断するときに、ギリシヤ神話が出てきます。

映画をみて思ったのですが、当時の人々のバックグランドの共通項としてギリシヤ神話が

あったのだなと。

多分、江戸時代の日本では、戦国時代の武将達が当時の日本人のバックグラウンドにあり、

それを物事の、意思決定の判断基準にしていのだろうと思います。

どの時代も、どの国でも、その地域のバックグラウンドがありました。

それのバックグラウンドがその時代の人々の意思決定を決める一つの要因になっていただろうと。


じゃあ、今の現代ではどうかと。

特に若い人では。


実は、これはグローバル化によって、共通のバックグランドが形成されていると思います。

ギリシヤ神話にかわる、現代の若者のバックグランドは、

私が思うに、それは「マンガ」だと思います。

私は、大学生時代に、300人ほどの留学生と一緒に話をする機会がありました。

その時にバックグランドが同じだ感じました。

ドラゴンボールやスラムダンクやキャプテン翼の話を

国や宗教が違っても、

同じマンガを読んでいたことで、

話をすることができました。

お前はドラゴンボールのゴクウみたいだといわれることもありましたし、

ルパン三世のように問題を解決したいという話をしたこともありました。

私自身も、友人や社員と話をするときに、

それは、JOJOのスタンドのようなものだねとか、

いや、あのマンガのあのシーンそのままだとか。


何が言いたいかというと、この現象はすごいことで、

世界の多くの人々が同じバックグランドをもとに話をすることができる

ようになりつつあるということです。

しかも、それが日本発のもので。

ハリウッド映画でもなく、悲しい事件でもなく。


近い将来、各国の首相が握手をする時に、

「ちょっと前までは争っていたけど、

 ドラゴンボールのゴクウとべジータのようになろうよ」

というような会話をすることができるようになれば

もっと世界は面白くなると。

少し思いました。

では、忍者でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »