« 2007年7月 | トップページ | 2008年5月 »

NextNinja、小学館CanCam.TV mobileに、携帯電話向け高画質動画配信サービスの提供を開始

ども、Ninjaです。

下記プレスを本日発表させて頂きました。

 
報道機関各位

プレスリリース

2008年3月4日
株式会社NextNinja
代表取締役社長 山岸聖幸

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NextNinja、小学館CanCam.TV mobileに、
携帯電話向け高画質動画配信サービスの提供を開始
~リッチなUIで、高画質、長時間のCM動画配信が可能に~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株式会社NextNinja(代表取締役社長:山岸聖幸、本社:東京都新宿区、以下、NextNinja)は、株式会社小学館が発行するナンバー1ファッション誌『CanCam』の公式サイトCanCam.TVのモバイル版であるCanCam.TV mobileに、携帯電話向けに高画質動画、リッチ・ユーザインターフェースを提供する配信サービスを2008年3月1日より、提供開始したことを発表致します。

このサービスは、携帯向け動画配信で問題を抱えている、コンテンツ・プロバイダー、コンテンツ・ホルダー向けの、携帯向け動画配信サービスであり、携帯向けにリッチなユーザーインターフェースを使い、高画質動画を長時間配信することが出来ます。また、既存の携帯向け動画配信サービスとは違い、このサービスは、コンテンツごとにユーザー・インターフェース(UI)を変更することが出来ます。

NextNinjaは、小学館CanCam.TV mobileへの提供を皮切りに、急速にニーズが高まっている携帯電話向け高画質動画配信を事業化し、携帯電話向け動画配信を検討している企業、携帯コンテンツ・プロバイダー、コンテンツ・ホルダーなどに、このサービスを提供して参ります。

【背景】
携帯電話のワンセグ搭載が進んでおり、携帯電話でのTV画像を楽しむスタイルが定着、また、大画面化、通信の高速化も急速に進んでおり、携帯電話での高画質動画コンテンツなどのニーズが急速に高まっています。

このサービスは、コンテンツ・プロバイダー、コンテンツ・ホルダーのニーズに応えるべく、NextNinjaがモバイルサイトの企画、制作、システム開発、運用で培ってきたノウハウを集大成したサービスです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[CanCam.TVmobileの紹介]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
CanCam.TVmobileは、CanCam専属モデル(蛯原友里、山田優、徳澤直子、西山茉希)
のプロフィール紹介映像や、CanCamテレビCMの限定バージョン、読者モデルオーディションなど、ここでしか見ることができない貴重な映像コンテンツの高画質配信を行っていきます。3月1日は、NTTドコモの903i,904i,905iシリーズから配信を先行して行いますが、順次、au,ソフトバンクでのコンテンツの提供も行っていきます。

[CanCam.TV mobileへのアクセス方法]
携帯電話からURL入力 http://cancam.tv/ CanCam.TVmobileへアクセスし、SPECIAL MOVIEコーナーから専用アプリをダウンロードしてご利用下さい。

・詳しいアクセス方法
携帯電話からインターネット
→URLを入力。
→http://cancam.tv/
→サイトにアクセスし、『CanCam新TVCM大公開!!』をクリック。
→ダウンロードをクリック。
→iアプリダウンロード画面の指示に従ってダウンロード。
→iアプリを起動してサービスをご利用下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[携帯動画は戦国時代へ]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●動き出した巨人
2008年1月、動画共有という概念を定着させた草分け「YouTube」の携帯からの閲覧が可能になりました。日本国内ではWeb利用におけるモバイル化が進展し、移動端末からのWeb利用者数がPCからの利用者数を特定のサービスで超えており、携帯市場の潜在的
な規模を期待させるのに十分です。すでに昨年、ニワンゴが提供している動画配信関連サービス「ニコニコ動画」(愛称は「ニコ動」。)が携帯サービスを開始し、2008年2月には、iモードの公式サービスに入りました。このサイトは配信されている動画上にコメントを投稿、表示できることで人気を博しています。

● ダウンロード・ストリーミング動画の利用が増加
携帯電話で Web 上の動画を楽しむユーザーが増加しており、携帯動画再生経験者の割合は、10代男女とも5割程度まで勢いを伸ばしています。(※1)更には再生されている動画にも若干の変化が見られます。動画の再生経験がある中でも「携帯電話向けサイトでダウンロードした動画」や、「携帯電話向けサイトでストリーミング再生」を利用するユーザーが急増しています。今回のYouTubeやニコニコ動画が携帯に対応するなど、動画共有サービスのモバイル化に合わせるように、携帯動画の利用動向が徐々に変化しつつあります。

●ではなぜ携帯化か?
パケット通信利用料定額制の普及率が急速に伸び、また、3Gや3.5Gと呼ばれる高速データ通信も急速に普及しているという状況下で、特定のサービスで携帯利用者がPC利用者を超えたという背景もありますが、さらには携帯がもつビジネスモデルにもその原因があります。PCサイトでは、コンテンツのデータ量のために、広告収益の割りにネットワークコストがかかってしまう傾向が強くあります。しかし、携帯電話では、携帯独自の課金モデルやデータ量の縮小により、コスト対収益を高くすることが可能です。このため、既存のプレイヤーにとっては魅力的な市場となっています。

●今後の携帯動画の展望
携帯キャリアごとの動画配信仕様の違いや、今後のデータ通信量増加による回線敷設など解決すべきハードルはまだまだあります。(現在ではNTTDoCoMoが先陣を切っており、au・SoftBankがこれを追随する形となっています。)ですが、この数年で携帯電話の大画面化、通信の高速化、回線敷設が急速に進んでいます。また、ワンセグ搭載が進んでいることから、携帯電話でのTVを楽しむスタイルが定着、携帯電話での高画質動画コンテンツなどのニーズが急速に高まっています。
今後各携帯コンテンツ・プロバイダーが「携帯で高画質な動画を」と、各々サービスをこぞって展開してくると思われます。このニーズに応えるサービスとして、NextNinjaは、この携帯電話向け高画質動画配信サービスを提供して参ります。

●当社代表取締役社長山岸は、次のように述べております。
「この度、CanCam.TVmobile上で初めて公開されるこのサービスは、携帯動画の新しい時代を切り開く新サービスとして大いに期待されるものです。
私共は、このサービスが、携帯動画のさらなる普及を促し、日本の携帯ブロードバンド
コンテンツを牽引することを確信しております。」

(※1) ケータイ白書2008

                                                                   以上
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

NextNinja、小学館CanCam.TV mobileに、携帯電話向け高画質動画配信サービスの提供を開始
NextNinja、小学館CanCam.TV mobileに、携帯電話向け高画質動画配信サービスの提供を開始

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【本リリースに関するお問い合わせ】
株式会社NextNinja(ネクストニンジャ)
東京都新宿区下落合2-3-18 SKビル7階
担当:山岸(ヤマギシ)
E-mail:pr@nextninja.net
TEL :03-5988-7261   FAX:03-5988-7262

※文中の会社名およびサービス名は、各社の商標または登録商標です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Ninjaでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログ復活します!

どもNinjaです。

復活しました。

NextNinjaは、モバイルサービス、ソリューションプロバイダーとして生まれ変わりました。

最近は、こんな感じです。

<株式会社NextNinja>   
株式会社NextNinjaは、モバイルサービス、ソリューションのプロバイダです。2003年の創業以来、100サイト以上のユニークなモバイルサービスを企画、制作、構築、運用して参りました。優れた企画力、独自のサイト運用ノウハウ、パートナー企業との連携を活かして、ユニークなモバイルサービス、ソリューションを幅広く手がけています。2008年3月からは、携帯電話向け動画配信サービス、携帯電話向けSNSサービス、携帯電話向け顔認識サービス、携帯電話向けビジネス支援サービスの提供を積極的に進めて参ります。

株式会社NextNinja:http://nextninja.net/
携帯ビジネスナビゲーター:http://www.keitai-biz.com/

これからも何卒よろしくお願い致します。

Ninjaでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2008年5月 »