NextNinja、小学館CanCam.TV mobileに、携帯電話向け高画質動画配信サービスの提供を開始

ども、Ninjaです。

下記プレスを本日発表させて頂きました。

 
報道機関各位

プレスリリース

2008年3月4日
株式会社NextNinja
代表取締役社長 山岸聖幸

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NextNinja、小学館CanCam.TV mobileに、
携帯電話向け高画質動画配信サービスの提供を開始
~リッチなUIで、高画質、長時間のCM動画配信が可能に~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株式会社NextNinja(代表取締役社長:山岸聖幸、本社:東京都新宿区、以下、NextNinja)は、株式会社小学館が発行するナンバー1ファッション誌『CanCam』の公式サイトCanCam.TVのモバイル版であるCanCam.TV mobileに、携帯電話向けに高画質動画、リッチ・ユーザインターフェースを提供する配信サービスを2008年3月1日より、提供開始したことを発表致します。

このサービスは、携帯向け動画配信で問題を抱えている、コンテンツ・プロバイダー、コンテンツ・ホルダー向けの、携帯向け動画配信サービスであり、携帯向けにリッチなユーザーインターフェースを使い、高画質動画を長時間配信することが出来ます。また、既存の携帯向け動画配信サービスとは違い、このサービスは、コンテンツごとにユーザー・インターフェース(UI)を変更することが出来ます。

NextNinjaは、小学館CanCam.TV mobileへの提供を皮切りに、急速にニーズが高まっている携帯電話向け高画質動画配信を事業化し、携帯電話向け動画配信を検討している企業、携帯コンテンツ・プロバイダー、コンテンツ・ホルダーなどに、このサービスを提供して参ります。

【背景】
携帯電話のワンセグ搭載が進んでおり、携帯電話でのTV画像を楽しむスタイルが定着、また、大画面化、通信の高速化も急速に進んでおり、携帯電話での高画質動画コンテンツなどのニーズが急速に高まっています。

このサービスは、コンテンツ・プロバイダー、コンテンツ・ホルダーのニーズに応えるべく、NextNinjaがモバイルサイトの企画、制作、システム開発、運用で培ってきたノウハウを集大成したサービスです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[CanCam.TVmobileの紹介]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
CanCam.TVmobileは、CanCam専属モデル(蛯原友里、山田優、徳澤直子、西山茉希)
のプロフィール紹介映像や、CanCamテレビCMの限定バージョン、読者モデルオーディションなど、ここでしか見ることができない貴重な映像コンテンツの高画質配信を行っていきます。3月1日は、NTTドコモの903i,904i,905iシリーズから配信を先行して行いますが、順次、au,ソフトバンクでのコンテンツの提供も行っていきます。

[CanCam.TV mobileへのアクセス方法]
携帯電話からURL入力 http://cancam.tv/ CanCam.TVmobileへアクセスし、SPECIAL MOVIEコーナーから専用アプリをダウンロードしてご利用下さい。

・詳しいアクセス方法
携帯電話からインターネット
→URLを入力。
→http://cancam.tv/
→サイトにアクセスし、『CanCam新TVCM大公開!!』をクリック。
→ダウンロードをクリック。
→iアプリダウンロード画面の指示に従ってダウンロード。
→iアプリを起動してサービスをご利用下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[携帯動画は戦国時代へ]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●動き出した巨人
2008年1月、動画共有という概念を定着させた草分け「YouTube」の携帯からの閲覧が可能になりました。日本国内ではWeb利用におけるモバイル化が進展し、移動端末からのWeb利用者数がPCからの利用者数を特定のサービスで超えており、携帯市場の潜在的
な規模を期待させるのに十分です。すでに昨年、ニワンゴが提供している動画配信関連サービス「ニコニコ動画」(愛称は「ニコ動」。)が携帯サービスを開始し、2008年2月には、iモードの公式サービスに入りました。このサイトは配信されている動画上にコメントを投稿、表示できることで人気を博しています。

● ダウンロード・ストリーミング動画の利用が増加
携帯電話で Web 上の動画を楽しむユーザーが増加しており、携帯動画再生経験者の割合は、10代男女とも5割程度まで勢いを伸ばしています。(※1)更には再生されている動画にも若干の変化が見られます。動画の再生経験がある中でも「携帯電話向けサイトでダウンロードした動画」や、「携帯電話向けサイトでストリーミング再生」を利用するユーザーが急増しています。今回のYouTubeやニコニコ動画が携帯に対応するなど、動画共有サービスのモバイル化に合わせるように、携帯動画の利用動向が徐々に変化しつつあります。

●ではなぜ携帯化か?
パケット通信利用料定額制の普及率が急速に伸び、また、3Gや3.5Gと呼ばれる高速データ通信も急速に普及しているという状況下で、特定のサービスで携帯利用者がPC利用者を超えたという背景もありますが、さらには携帯がもつビジネスモデルにもその原因があります。PCサイトでは、コンテンツのデータ量のために、広告収益の割りにネットワークコストがかかってしまう傾向が強くあります。しかし、携帯電話では、携帯独自の課金モデルやデータ量の縮小により、コスト対収益を高くすることが可能です。このため、既存のプレイヤーにとっては魅力的な市場となっています。

●今後の携帯動画の展望
携帯キャリアごとの動画配信仕様の違いや、今後のデータ通信量増加による回線敷設など解決すべきハードルはまだまだあります。(現在ではNTTDoCoMoが先陣を切っており、au・SoftBankがこれを追随する形となっています。)ですが、この数年で携帯電話の大画面化、通信の高速化、回線敷設が急速に進んでいます。また、ワンセグ搭載が進んでいることから、携帯電話でのTVを楽しむスタイルが定着、携帯電話での高画質動画コンテンツなどのニーズが急速に高まっています。
今後各携帯コンテンツ・プロバイダーが「携帯で高画質な動画を」と、各々サービスをこぞって展開してくると思われます。このニーズに応えるサービスとして、NextNinjaは、この携帯電話向け高画質動画配信サービスを提供して参ります。

●当社代表取締役社長山岸は、次のように述べております。
「この度、CanCam.TVmobile上で初めて公開されるこのサービスは、携帯動画の新しい時代を切り開く新サービスとして大いに期待されるものです。
私共は、このサービスが、携帯動画のさらなる普及を促し、日本の携帯ブロードバンド
コンテンツを牽引することを確信しております。」

(※1) ケータイ白書2008

                                                                   以上
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

NextNinja、小学館CanCam.TV mobileに、携帯電話向け高画質動画配信サービスの提供を開始
NextNinja、小学館CanCam.TV mobileに、携帯電話向け高画質動画配信サービスの提供を開始

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【本リリースに関するお問い合わせ】
株式会社NextNinja(ネクストニンジャ)
東京都新宿区下落合2-3-18 SKビル7階
担当:山岸(ヤマギシ)
E-mail:pr@nextninja.net
TEL :03-5988-7261   FAX:03-5988-7262

※文中の会社名およびサービス名は、各社の商標または登録商標です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Ninjaでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PeXのモバイル対応

ども、忍者です。

更新復活します。

先日、PeXの方のお話をお伺いすることができました。

PeXとは、ネット上で貯めたポイントを一つにまとめて管理して、使いたいサービスにポイントをまとめて使う、現金に交換できる「ポイントエクスチェンジ」サービスです。

2009年度には、ポイント交換総額を50億円にまでもっていくそうです。

モバイル業界では、ポイントの交換というのがあまり進んでいませんが、

ポイント系懸賞サイトはかなりの数があり、それなりの流通量があります。

PCサイトとのポイントの相互流通、不正サイトの防止、等を考えると

モバイルポイント交換は、かなり可能性を感じるので、

一早く取り組まれるのかと思い、PeXのモバイル戦略についてお伺いしました。

答えは、

今は、まだPCサイトのポイント交換に力を入れていき、

来年度にモバイルへの展開を行っていく

とのことでした。

なるほど。

来年が楽しみですね。

大きなビジネスチャンスがあると思いました。

では、忍者でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モバゲータウン

ども、忍者です。

昨日は、モバゲータウンを運営されているDeNaさんにお伺いしてきました。

モバゲータウンの会員数は500万人を突破。

この勢いは止まりそうにないようです。

最近利用して思ったことは

・・・

ちょっと前より使い勝手がよい。

デザインに懲りすぎることなく、

飽きさせることなく、

日々バージョンアップしているなと。

とくにアバターに面白いものが多く、

これは自分でもはまるなと思う部分が多々ありました。

・モバゴールドを貯めて
・アバターを収集
・小規模なコミュニティでコミュニケーション
・評価(そのアバターどうしたの?)
・また貯めて(それが欲しくて)

ちいさい頃のあれににているなと

・めんこ
・ビックリマンカード
・カードダス
・ミニ四駆
・ファミコン
・ゲームボーイ

みな同じ要素が含まれています。

唯一違うのがリアルかバーチャルか。

しかし、それも、学校とかではリアルになったりするんでしょうね。

う~ん。
面白い。

はまる理由がわかります。


では、忍者でした。


| | コメント (0) | トラックバック (3)

携帯ビジネスナビゲーター

携帯ビジネス参入支援サービス
携帯ビジネスナビゲーター(http://keitai-biz.com/)
がオープンしました。

スタッフのみんなお疲れ様!

営業担当のFさん、これからが正念場だからがんばってね。

NextNinjaは、ケータイ、Webのソリューション提供を幅広く行ってきました。

これまで、

既存ビジネスのてこ入れ、

Webビジネスからケータイビジネスへの参入、

新規事業の立ち上げ、

ケータイビジネス、WEBビジネスのプロデュースを数多く手がけて来ました。

その中で、特に携帯ビジネス参入支援で得たノウハウをまとめてご提供するのが今回のサービスです。

一概にケータイビジネスといっても考えなければならないことは多岐に渡ります。

まず、

何を提供し、どう収益をあげるのか!

ビジネスモデルを決めるところから始まります。

次に、

そのビジネスモデルによって、

キャリア公式サイトの道を進むのか、

それとも、一般サイトで戦うのか!

戦う場所を決めます。

そして、

戦う場所での
・分析・調査
・戦略立案

武器を揃える
・コンテンツ企画
・デザイン構成

必要な手続きとして
・キャリア申請

要求仕様を実現する
・システム開発

サイトをオープン後必ず発生する
・コンテンツ運用
・システム運用

サイトを成功に導くための
・プロモーション

戦略を修正、次にステップのための
・効果・検証

携帯ビジネスをスタートし、

そこで戦っていくには

考えなければならないことが多数あります。

知っておかなければならいことが山どあります。

しかし、新規参入の場合にそれを事前に知ることはできません。

ビジネスを進めながら都度都度壁にぶつかっては振り出しに戻ることがほとんどです。

NextNinjaではこう考えました。

新規参入には、専門のナビゲーターが必要なのではないかと!

携帯ビジネスナビゲーター(http://keitai-biz.com/)はそのような考えから生まれたサービスです。

サービス内容は随時バージョンアップしていきますので、お楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iモード レセプション2007

今日、iモード レセプション2007に参加してきました。

NTTドコモさんは、iモードサービスを支えるコンテンツ事業者に感謝するという趣旨で、毎年同様のパーティーを開催しています。

多くのコンテンツ事業者の方がお集まりになるので、日ごろ疎遠になっている方々とお会いすることができます。

今年のパーティーは、東京国際フォーラム内で、お好み焼き、たこ焼きが食べ放題、しかも吉本新喜劇の舞台を見ることができる、という関西テイスト満点の演出でした。

2年前から比べると派手さは若干なくなってきた感はあるのですが、非常に有意義な時間を過ごすことができました。

このレセプションには、日本のトップのコンテンツ事業者が一同に会します。

右を見ても左を見ても業界のトップランナーの方がいらっしゃいます。

みなさん競合です。

その競合の方が一同に集い、お互いの話をします。

最近自分がやっていること、初めての方には事業内容を簡単に。

1年ぶりの方には、何が変わったかを伝えます。

楽しかったこと、びっくりしたこと、聞きたかったこと、伝えたかったこと。

日本にいる数百社の数千人がこの業界について情報交換を一度に行います。

このような場があることによって、少なくとも昨日よりも今日はビジネスチャンスが広がっています。

業界全体が昨日よりもより多くの情報を持っていると思います。

よくよく考えるとこれはすごいことだと思います。

特定業界の人間の数千人が情報交換をし、数時間単位で業界の情報量をあげることができる。

1999年に始まったiモード、ケータイコンテンツ市場はこの8年間で驚くべき成長を遂げました。

コンテンツ事業者を支えるこのような取り組みが、成長を加速させる一つの理由ではないかと思いました。


追伸)
お笑い芸人「笑い飯」さんの漫才を生で見ることができたことも良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

社内モバイルコンテンツセミナー

NextNinjaでは、社内でのノウハウの共有、教育のために社内セミナーを定期的に行っています。

今日のセミナーは、モバイルコンテンツセミナーです。

モバイルコンテンツの企画、制作、システム開発を行う上で必要になる知識を確認するために行っています。

下記に社内メールで送られてきた内容を一部ご紹介します。

---メールは抜粋---

■対象
モバイルコンテンツの企画・制作に携わる方

■日時
2007年2月26日(月) 19~21時
2007年2月27日(火) 19~21時(26日に終わらなかった場合)

■内容
携帯には様々な機能があります。それぞれの理解を深めるとともに、どのように理解するのが扱いやすいか、を説明します。最後に、画面遷移の考え方、作り方を解説します。

・携帯端末の分類
・画面
・通信速度
・ユーザーエージェント
・デバイスID
・文字コード
・対応言語
・CSS
・ブラウザ容量
・絵文字
・画像
・動画
・着メロ、着うた
・アプリ
・FLASH
・デコメール
・画面遷移

---メール抜粋---

本ではわからない現場の知識を社員に伝える重要なセミナーです。

日々のOJTだけでは学ぶことができない知識を体系的に学ぶことで、作業の効率、質があがります。

このような取り組みは今後も続けていこうと思っています。

今日より明日、明日より明後日。

日々進化していこうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)